利用規約

HP designサービス利用契約

申込者(以下「甲」という)とピーアールジャパン株式会社(以下「乙」という)は、乙のホームページ制作サービスである「HP design」に関して、次のとおり契約(以下「本契約」という)を締結する。

第1条(定義)
本契約書において、次に掲げる用語は次の定義によるものとする。
1.「本サービス」とは、提供されるホームページ制作サービス「HP design」とする。

第2条(目的)
本契約は、本サービスの提供にあたっての諸条件、及び本サービスの保守管理業務などに関する諸条件を定めるものである。

第3条 本サービスの内容
本サービスは、甲固有の情報をインターネット上にて提供するために必要なホームページの制作と運用、サーバーとドメインの取得および設定、その他付帯関連する業務を乙が甲に提供するサービスです。

第4条 本サービス上の権利・責任について
1.本サービスのデザインの著作権は乙に帰属し、甲よりご提供いただく素材の著作権は甲に帰属します。
2.甲よりご提供いただく素材を乙が加工し本サービスのホームページに掲載する場合、当該加工素材の著作権は甲に帰属するものとしますが、当該加工素材の使用用途は本サービスの利用のみに限ります。
3.甲が乙に提供する素材について、甲と第三者の間で発生した著作権、商標権、意匠権等の知的所有権等の問題について乙は一切関与しないものとします。
4.前項の問題が発生した場合、甲は自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、乙に何等の損害を与えないものとします。

第5条 設備環境の準備
甲は、ホームページの閲覧や更新を行うためのパーソナルコンピュータや通信機器、ソフトウェアおよびその他付帯関連する機器等、本サービスの利用や閲覧するために必要な環境を自己の負担と責任をもって準備するものとします。

第6条 本サービスの一時的な中断
下記に該当する場合には、乙は甲に事前に通知することなく一時的に本サービスの運用の全部または一部を中断・停止することができるものとします。
1.本サービスに関連するシステム(通信回線や電源、それらを収容する建築物などを含む)およびソフトウェアの保守、点検、修理、変更を定期的または緊急に行う場合。
2.乙の過失に基づかない電気通信設備や通信網およびソフトウェアの保守上または工事上、並びに障害等やむを得ない事由が生じた場合。

第7条 本サービスの廃止
1.乙は、営業上、業務上の都合により、甲に対して提供している本サービスの全部または一部を廃止することがあります。
2.乙は、前項において定める本サービスの廃止を行う場合には、その2ヶ月前までにその旨を乙指定の方法により甲に通知します。
3.乙は、本サービスの廃止により、甲に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。

第8条 届出内容の変更
甲は、乙への届出内容に変更があった場合は、乙指定の方法で、乙に対し速やかに変更の連絡をするものとします。

第9条 納品までの期間
1.甲より乙に素材や資料などの提供が完了してから、納品までの期間は甲と別途打合せの上決定するものとします。
2.甲より乙に素材の提供が完了し、制作に入ってからホームページ納品を行わせていただくまでに、甲理由でキャンセル・解約される場合は、ドメイン費用、サーバー費用、制作費用等をご請求させていただきます。

第10条 納品までの修正
1.ホームページを納品するために乙は甲へホームページご確認依頼メールをお送りいたします。
2.ホームページの修正に関して、甲は過度な要求を繰り返し、乙の業務が著しい支障を来たさないようにします。
3.甲の理由で大幅な変更(ホームページの構造、グローバルナビゲーションの変更等)、ページ内容の全体的な書き換えなど、大幅な修正を行う場合には、乙は別途制作費用等を請求します。

第11条 納品の確定
1.乙は本サービスの提供準備が整い次第、甲に対しホームページご検収依頼メールをお送りいたします。
2.甲は乙よりホームページご検収依頼メールが到着した後に速やかに検収を行うものとしますが、ホームページご検収依頼メール送付後7営業日が経過した時点で検収は完了したとみなします。

第12条 利用料金の支払条件、支払方法
1.甲は申し込み料金として初期費用と利用月額料金の半年分を支払とします。
2.甲は乙に翌月利用分は該当月末までに当社が指定した金融機関口座に支払うこと。
3.利用料金は月払い、半年払い、年払いとする。
4.甲が、乙に対し本サービスに関する利用料金を支払う場合において支払いを要する額は、当該利用料金の額に消費税および地方消費税相当額を加算した額とします。

第13条 支払い遅延の契約解除
12条2で定めている期間までに利用料金の支払いが確認できなかった場合、下記の処置を実行する。
(1)1日に甲が利用しているサーバーを停止する
(2)10日までに支払いがない場合、乙は甲のとの契約を解除し、同時に甲が利用しているサーバー、ドメインを解約とする
甲が乙に対し未入金、支払いの遅延での解約の抗議については、一切受け付けないとする

第14条 サポートサービスで乙が請け負う更新・修正範囲
サポートサービスにて乙が請け負う更新および修正の範囲は、下記の内容になります。
1.更新、修正の範囲
(1)ホームページに掲載されている、文字の追加・修正・追記
(2)写真の差替え作業
なお1.2全項目合わせ、月5回まで無料とする
(3)Wordpressのバージョンアップおよびプラグインの更新
必要であれば乙が更新作業をおこなってもよい

2.以下のような作業は別途お見積もりとなります。
(1)ページの追加
(2)ホームページのレイアウト変更
(3)ホームページの色合い・デザイン変更
(4)メニュー項目の追加
(5)バナーなどのデザイン変更・追加
(6)各種オプション追加

第15条 システムの不具合
乙が制作、開発したシステム以外のシステムの不具合に関する損害については、一切の責任を負わないものとします。

第16条 サーバーとドメインの変更
甲のご都合による、サーバーとドメインの変更はできません。

第17条 利用期間、契約更新と条件
本サービスの最低利用期間は6ヶ月となります。
本サービスの利用期間満了時に甲からのご連絡がない場合は、 自動的に契約更新になります。

第18条 解除
1. 甲又は乙は、相手方が以下の各号のいずれかに指定した場合、本契約の全部又は一部を解除することができるものとする。
(1)本契約のいずれかの規定に違反した場合。
(2)破産、民事再生手続開始、会社整理開始、会社更生手続開始、特別清算申立、特定調停申立、あるいはこれらのための保全手続の申立がなされ、あるいは受けた場合。
(3)自己振出の手形又は小切手が不渡りとなった場合。公租公課の滞納処分を受けた場合。
(4)その他、任意整理の通知を発する等、信用状態に重大な不安が生じたと判断される場合、もしくは将来において生じると判断される場合。
2.前項の規定に従い、甲又は乙が本契約の全部又は一部を解除した場合でも、相手方に対して、その被った直接かつ通常損害の賠償を請求することを妨げない。

第19条 甲による解約
甲は、本サービスを本契約に基づき解約することができます。
1.月額サポート料金の残月分のお支払いを以って解約とします。
2.ドメイン契約の解約については、1年契約になります。ドメイン契約更新のご連絡の際に解約の旨をお伝え下さい。
3.甲は本サービスを解約する場合、乙の定める手続きに基づき、郵送による書面、電子メールで解約を行うものとします。
4.解約の届け出は、解約希望日の一ヶ月前とする。
5.解約後はデータの復旧不可能となる。

第20条 期限の利益喪失
甲が本サービスの申込み後、以下のいずれかに該当した場合、乙は債務の期限の利益を失わせる事ができるものとします。
この場合、即時契約期間満了までの残りの月額サポート費用相当をお支払いいただくものとします。
(1)甲とご連絡が取れない場合。
(2)本規約のいずれかに違反し、本規約に基づく責務を履行しない場合。
(3)破産、民事再生手続開始、会社整理開始、会社更生手続開始、特別清算申立、特定調停申立、あるいはこれらのための保全手続の申立がなされ、あるいは受けた場合。
(4)自己振出の手形または小切手が不渡りとなった場合。
(5)差し押え、仮差押え、または競売の申し立てがあった場合、若しくは公租公課の滞納処分を受けた場合。
(6)信用状態に重大な不安が生じたと判断される場合、もしくは将来において生じると判断される場合。
(7)本サービス申込の登録事項において、虚偽の記載が判明した場合。
(9)乙が指定する期日までに利用料金の入金が確認されない場合、または支払を拒否した場合。
(10)過度な要求を繰り返し、または義務や理由のないことを強要し、乙の業務が著しい支障を来たした場合。
(11)本サービスにより利用しうる情報の改ざんを行なった場合。
(12)甲の故意または過失によって乙に何らかの不利益が生じた場合。
(13)その他、乙が不適当であると合理的に判断した場合。

第21条 禁止事項
甲は、本サービスを利用する場合、以下の行為を行わないものとします。
乙が、これらに該当すると判断した場合には、甲に対して利用停止措置、もしくは強制解約できるものとします。
(1)本サービスの提供を妨害する、または妨害するおそれのある行為。
(2)乙または第三者になりすます行為(詐称するためにメールヘッダ等の部分に細工を行う行為を含む)。
(3)本サービスを乙の許可なく第三者に利用させる行為。
(4)第三者に著しく迷惑をかけ、または社会的に許されないような行為。
(5)乙もしくは第三者の著作権、商標権、肖像権等の知的財産権やプライバシーを侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
(6)乙もしくは第三者を誹謗中傷し、あるいは第三者の名誉、信用を毀損する行為、もしくはそのおそれがある行為。
(7)乙または第三者の情報を改ざん、消去する行為。
(8)ウイルス等の有害なコンピュータプログラム等を送信または掲載する行為。
(9)乙のネットワークやインターネット網、それらに接続されたサーバー設備等に不正にアクセスする行為および運営に支障を与える行為、または与えるおそれのある行為。
(10)本人の同意を得ることなく、または詐欺的な手段(いわゆるフィッシングおよびこれに類する手段を含みます。)により他者の個人情報を取得する行為。
(11)犯罪や違法行為に結びつく、またはそのおそれの高い情報や、他者を不当に誹謗中傷・侮辱したり、プライバシーを侵害したりする情報を、不特定の者をして掲載等させることを助長する行為。
(12)わいせつ、児童ポルノもしくは児童虐待に相当する画像、映像、音声もしくは文書等を送信または表示する行為、またはこれらを収録した媒体を販売する行為、またはその送信、表示、販売を想起させる広告を表示または送信する行為。
(13)無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、またはこれを勧誘する行為。
(14)違法な薬物、銃器、毒物もしくは爆発物等の禁制品の製造、販売もしくは入手に係る情報を送信または表示する行為。賭博、業務妨害等の犯罪の手段として利用する行為。
(15)インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律に基づく、当該事業の提供者に対する規制および当該事業を利用した不正勧誘行為の禁止に違反する行為。
(16)未成年者にとって有害と認められる情報の売買、譲受または掲載する行為、それらを助長する行為。
(17)詐欺、規制薬物の濫用、児童売買春、預貯金口座および携帯電話の違法な売買等の犯罪に結びつく、またはそのおそれの高い行為。
(18)ストーカー行為等の規制等に関する法律に違反する行為。
(19)選挙の事前運動、選挙運動(これらに類似する行為を含みます。)および公職選挙法に抵触する行為。
(20)人の殺害現場等の残虐な情報、動物を虐待する画像等の情報、その他社会通念上他者に著しく嫌悪感を抱かせる情報を掲載し、または不特定多数の者にあてて送信する行為。
(21)人を自殺に誘引または勧誘する行為。
(22)公序良俗に違反し、または他者の権利を侵害すると乙が判断した行為。
(23)上記各号の他、法令または本規約に違反する行為。
(24)その他、乙が不適切と判断する行為。

第22条 利用料金の返却
1.甲の都合または甲が本規約に該当し解約となった場合は、甲より乙に支払われた本サービスに関する利用料金のうち、サービスをご利用になられた期間の料金は、いかなる理由といえども返還しないものとします。
2.乙に瑕疵があり本サービスの解約に至った場合は、乙は甲に合理的範囲において利用料金の返金を行うものとします。

第23条 免責事項
1.乙は、本サービスの内容および甲が本サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も行なわないものとします。
2.甲が本サービスを利用するにおいて発生した第三者との紛争に関しては、甲が自らその責任において解決するものとし、乙は一切責任を負わないものとします。乙に対して、第三者から、掲載内容に関する損害賠償その他のクレームがあった場合には、甲は自己の責任と負担において対応するものとします。
3.乙は、本サービスの利用に供するサーバー等の装置、ソフトウェアまたは電気通信設備、通信網の瑕疵、動作不良、または不具合により甲に損害が発生した場合であっても、一切の責任を負わないものとします。
4.乙は、本サービスの提供を中止したことにより乙に生じた損害等については、一切責任を負わないものとします。
5.乙は、本規約で特に定める場合を除き、甲が本サービスの利用に関して被った損害については、債務不履行責任、不法行為責任その他の法律上の責任を問わず賠償の責任を負わないものとします。

第24条 損害賠償
1.第22条に該当しない乙の故意または重過失が理由で甲に損害が発生した場合は、乙は甲に対して損害賠償責任を負うものとします。その場合の賠償額は甲が乙に支払った本サービス利用料金の相当額をその賠償額の上限とします。
2.甲が本規約に違反し乙に損害を与えた場合、乙は甲に対して合理的な範囲の損害賠償請求を行うことができるものとします。

第25条 IDおよびパスワードの管理責任
1.ホームページの更新等で利用する甲が登録したIDおよびパスワードは甲本人のみが使用するものとし、第三者に使用させること、譲渡すること等は一切できません。
2.乙は、甲の前項に反する行為が判明した場合または乙が甲の行為が前項に反する行為と判断した場合、事前の通知なしに当該甲のIDおよびパスワードを使用停止できるものとします。
3.前項の場合、甲が本サービスを利用できず損害が発生しても、乙は一切の責任を負わないものとします。

第26条 ドメイン名の取得申請
1.乙は甲が希望するドメイン名について、その登録申請事務手続の代行サービスを提供します。
2.乙は、甲が本サービスの利用の際に使用するドメイン名に限り、このサービスを提供します。また、乙は、一甲契約につき一つのドメイン名に限り、このサービスを提供します。
3.本サービスで提供するドメインは、本サービスでのみ使用可能であり、甲が第三者に譲渡することはできません。
4.前項のサービスの利用を希望する場合には、本サービス甲契約の申込の際に、その旨および希望するドメイン名を乙に通知するものとします。なお、希望するドメイン名を登録することができない場合もあります。
5.乙は第1項において定めるサービスが遅延し、または乙がそのサービスを提供しなかったことにより甲に生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。
6.乙は、ドメイン名管理団体等の行うドメイン名の登録のための手続が遅延し、またはドメイン名管理団体がその手続を行わなかったことにより甲に生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。

第27条 ドメイン名の維持
1.乙は、ドメイン名のドメイン名管理団体等における登録を維持するために必要なサービスを提供します。
2.乙は、前項において定めるドメイン名の登録を維持することができなかったことにより甲に生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。

第28条 サーバーに関する内容
1.甲は本サービス提供におけるサーバーにおいて、下記の行為をおこなわないものとします。
(1)動画ファイル、音声ファイル、その他大容量ファイルの公開、配信。
(2)高転送量のコンテンツなどの設置、公開。
(3)サーバーに対し高負荷のかかるコンテンツ、プログラム、ファイルの設置。
(4)その他禁止事項に抵触する行為。

2.乙は、サーバーの仕様を予告なく変更する場合があり、乙は、このことにより甲に生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。

第29条(契約の変更)
甲及び乙は、本契約の変更、修正を行う場合、甲乙双方の記名捺印した書面を交わすものとする。

第30条(サービスの一時的な中断)
1.乙は以下各号に定める事由が発生した場合には、契約者に事前に通知することなく一時的に本サービスの提供を中断することがある。
(1)システムの保守を定期的に又は緊急に行う場合
(2)火災、停電等によりサービスの提供ができなくなった場合
(3)地震、噴火、洪水、津波等の天災によりサービスの提供ができなくなった場合
(4)戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等によりサービスの提供ができなくなった場合
(5)乙の電気通信設備の保守または工事等のためやむを得ない場合
(6)電気通信事業法第8条の規定に基づき、天災その他の非常事態が発生し、若しくはその恐れがあるため、公共の利益のため緊急を要する通信を優先させる必要がある場合
(7)乙が利用する回線提供事業者等が、電気通信サービスを中止した場合
(8)サーバー機その他の移転のため、本サービスの運用を中断する場合
(9)不慮の事故、不可抗力等のやむを得ない事由により、本サービスの運用を中断する場合
(10)その他、運用上あるいは技術上当社がサービスの一時的な中断が必要と判断した場合

2.乙は、前項に基づき本サービスの提供が中止したとしても、これに起因する契約者又は他の第三者が被った損害について一切の責任を負わないものとします。
3.またこれに起因した各種情報およびデータの破損があり、その復旧ができない場合についても一切の責任を負わないものとする。

第31条(協議)
本契約にない事項、及び本契約の解釈につき疑義を生じた事項については、甲乙誠意を持って協議のうえ、円滑に解決を図るものとする。

第32条(管轄裁判所)
甲及び乙は、本契約の規定の解釈もしくは本契約に規定なき事項について甲、乙間に紛争又は疑義を生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とする。

第33条(準拠法)
本契約は、日本国法に準拠し、解釈される。

最終更新: 2017年5月16日
Copyright2008~2013@PRJAPAN Inc,